綾瀬川鐘か渕 ーあやせがわかねかふちー

歌川広重名所江戸百景より

綾瀬川鐘か渕

あやせがわかねかふち

水彩にて

模写絵師つねきち



隅田川は千住大橋を過ぎた辺りで

綾瀬川が流れ込み

川が入り組んだ危険な場所

となっていました。

航路の難所と言われた場所で

筏に乗った男性がいます。

その先に小さく見える綾瀬橋。

そして川の向こう岸が鐘か渕。

株式会社カネボウのおおもとである

鐘淵紡紡績は

この辺りに存在していました。

絵の手前にあるのは合歓の木(ネムノキ)。

夜になると葉が合わさり

眠っているように見えることから

この名がつきました。

夫婦円満の象徴、とも言われています。

夏に咲くこの花からは

桃のように甘い香りがするそうです。

「鐘か渕」の由来は

川の形が大工の使う”さしがね”=直角に曲がっている

の形に似ているからとか

近くのお寺から、亀戸に鐘を運んだ際

川底に落としてしまったから

と言われています。


危ない流れがあるこの場所で

筏に乗っている男性の背中を

夫婦円満の花が

やさしく、爽やかに

見守っているような

さらりと印象に残る作品です。

模写絵師つねきち八卦鏡

つねきちは知的障害2級を持つ令和の浮世絵師です。 温かみのある水彩模写で日本の文化をお伝えします。 Tunekichi is japanese painter and has intellectual disabilities. He was a replication with hope the happiness of everyone.

0コメント

  • 1000 / 1000